(HUNTING WORLD)は、2018-19年秋冬コレクションをミラノ・ファッション・ウィークの2018年1月15日(月)に発表した。今季は、クリエイティブディレクターにを迎えて初のミラノコレクションだ。ハンティング・ワールド 18年秋冬コレクション - 自由を尊重するアメリカンスピリットの再現|写真3冒険における、探究心と発見。自由と個性を尊重するアメリカンスピリッツを、今季のハンティング・ワールドは再構築した。インスピレーションは60~70年代のもので、特に1965年、ブランドの基盤にもどりアメリカにおける様々な背景の人が団結し、新しい文化に触れた当時の独特な文化をリライト。一見相いれないものも、男性的であるという共通項をもつディテールや素材を用いることで、強い男性像を具現化している。ハンティング・ワールド 18年秋冬コレクション - 自由を尊重するアメリカンスピリットの再現|写真10序盤に登場したのは、なチェックと温もりある。民族調のを用いたシャツには、同じテイストを匂わせる、そして対照的なテイストを匂わせる寒い冬にも対応できるな機能的ダウンコートがコーディネートされている。チロリアンのも、ベルトやバッグのといったディテール部分に採用されている。ハンティング・ワールド 18年秋冬コレクション - 自由を尊重するアメリカンスピリットの再現|写真38過去の時代を着想としてるからとはいえ、新しさを感じるのはテイストミックスが効いているためではないか。中盤以降、その想いが強くなったように感じられた。通常はクラシックと思えるシャツとのスタイルにも柄が効いていたり、のとスマートなを合わせたり。終盤になると、モダンなストリートの要素も垣間見えるようになり、スタジャンやロゴ入りなどのアイテムも登場している。ハンティング・ワールド 18年秋冬コレクション - 自由を尊重するアメリカンスピリットの再現|写真61また、は今までも述べてきた通り豊富で、特にハンティング・ワールドが発明したバチュー・ファブリックは、耐水性ポリウレタンでコーティングされたで、 衝撃吸収性や耐引裂性などを兼ね備えた高機能ファブリックだ。今回は小物類で活躍し、バッグ、バックパック、ベルトバッグなどに採用されている。そこには、自由であることを私たちに思い出させるコレクションにおいて、旅行すること、探検することを容易にさせる意図も汲まれている。