パリファッションウィークで(LOUIS VUITTON)が2013-14年秋冬コレクションを発表。ショー会場のセットは、まるで高級ホテルの廊下のよう。ショーが始まると、廊下に並ぶ扉が次々と開き、それぞれの部屋からモデルが歩き出した。扉の奥には、ブランドの伝統的なデザインのトランクやベットなどの家具が覗き、本物の寝室さながら。モデルは全て同じ、ブラックのカールしたショートヘアに、ダークなリップ&アイメイクで登場。 カラーパレットはダークカラーが中心。ネグリジェのようになレースのにオーバーシルエットのロングコートを羽織って、プライベートでなムードを漂わせる。深いVカットのニットで鎖骨を美しく露出し、官能的に。ラグジュアリーなやアストラカンなどの素材使いで、優雅で余裕のある雰囲気を纏わせた。 アウターにはメンズウェアの重厚感のあるを用いながらも、ストーンの装飾やシルエットで微妙なフェミニティを引き出している。また花柄やレースでフェミニティを盛り込んだ。ランジェリーを思わせるレースのトップに、のようにゆったりとしたロングコートを羽織ることで、独特なセクシーさを薫らせた。またファイナル・ルックには、ケイト・モスが登場。のゴージャスな刺繍のドレスを完璧に着こなした。