(NEON SIGN)の2021年春夏コレクションが発表された。今季のネオンサインは「相反するもの」を組み合わせることがテーマ。どんな柄やカラーを纏っても本質を見失わず、自分らしくいることの大切さを表現した。「相反するもの」で表現する“自分らしさ”ネオンサイン 2021年春夏コレクション - 相反するものが導く“らしさ”の表現|写真1注目したいのは、異素材や、相反するものを大胆にミックスしたアイテム。レッド、グリーン、イエローのカラーを組み合わせた開襟シャツは、自然由来のコットン素材を使用。胸ポケット部分には、相反する人工物のビニール素材をプラスして二面性を表現している。ネオンサイン 2021年春夏コレクション - 相反するものが導く“らしさ”の表現|写真4一見可愛らしい花柄に見えるプリントは、“美”と“毒”の異なる面を持つポピーの花柄だ。まるで“幼少期に履いていた花柄のパンツ”のようなを施し、大人になると忘れがちな自分らしさを思い出させてくれるようなデザインに仕上げた。ネオンサイン 2021年春夏コレクション - 相反するものが導く“らしさ”の表現|写真21コサージュがついたジャケットは、まるでのように広がる丸いが特徴的。ゆったりとした袖に腕を通せば、着る人の体躯によって表情が変化し、自分らしい着こなしができる。ネオンサイン 2021年春夏コレクション - 相反するものが導く“らしさ”の表現|写真16透かし編みで構成されたニットは、インナーに着るものによって雰囲気が変化する。ニットと異なるカラーを組み合わせれば、によって大きな格子模様が浮かび上がる。