『ミッドナイト・イン・パリ』は、巨匠ウッディ・アレン監督が手掛けるロマンティックコメディ作品。真夜中のパリ、迷い込んだのは1920代の“黄金期”Photo by Roger Arpajou (c)2011 Mediaproducción, S.L.U.,Versátil Cinema, S.L.and Gravier Productions, Inc.Photo by Roger Arpajou (c)2011 Mediaproducción, S.L.U.,Versátil Cinema, S.L.and Gravier Productions, Inc.物語の舞台は、花の都・パリ。そして主人公となるのは、婚約者と共に、パリを訪れたハリウッドの売れっ子脚本家・ギルだ。ある晩、真夜中のパリで迷子になってしまったギルは、0時を告げる鐘の音に導かれるようにして、なんと芸術の花開く1920年代のパリに迷い込んでしまうー。憧れの巨匠たちと交流する中、ギルに訪れる運命の出会いとは…?ウッディ・アレンの“ロマンティックな魔法”物語の見どころとなるのは、もちろんギルが迷い込むこととなる1920代“黄金期”のパリ。当時の華やかかつクラシカルなファッションはもちろん、サルバドール・ダリ、アーネスト・ヘミングウェイ、F・スコット・フィッツジェラルド、ピカソ…など、錚々たる顔ぶれが揃う巨匠たちのユニークな交流シーンを楽しめるのも本作ならではの醍醐味だろう。そんなウッディ・アレンのロマンティックな魔法に掛けられた本作は、第84回アカデミー賞脚本賞を受賞している。キャスト物語を彩る豪華キャストにも注目したい。ロマンチストでありながら、社交性に欠ける憎めない主人公・ギルを好演したのは、『ダージリン急行』のオーウェン・ウィルソン。“作家になる”という夢を捨てきれない、ギルが迎えるラストも必見だ。

また彼の婚約者・イネスは、『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムス、ギルが“黄金期”のパリで出会う魅惑的な女性・アドリアナは、オスカー女優のマリオン・コティヤールが演じている。詳細『ミッドナイト・イン・パリ』
公開時期:2011年
監督:ウッディ・アレン
出演:オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール