企画展「竹久夢二という生き方-明治・大正・昭和を駆け抜けたロマンチスト-」が、2019年4月4日(木)から6月30日(日)までの期間、竹久夢二美術館にて開催される。 「竹久夢二という生き方-明治・大正・昭和を駆け抜けたロマンチスト-」夢二の生き方と美の世界に迫る|写真1
『女子文壇』十月号 表紙 明治44年 竹久夢二は、センチメンタルな画風の「夢二式美人画」作品などで広く知られる画家・詩人。大正ロマンを象徴する存在として、今なお注目され続けている。 「竹久夢二という生き方-明治・大正・昭和を駆け抜けたロマンチスト-」夢二の生き方と美の世界に迫る|写真9
モントレーの丘から 昭和6年 本展では、夢二の「生き方」と「美の世界」にフォーカス。画家としてスタートした明治から、自身がデザインした雑貨を販売する「港屋絵草紙店」を開店した大正、闘病生活を送った昭和までを、『夢二画集 冬の巻』カバーや「暮笛」、「モントレーの丘から」といった日本画・デザイン作品・雑誌表紙絵などの作品約250点と共に追っていく。 「竹久夢二という生き方-明治・大正・昭和を駆け抜けたロマンチスト-」夢二の生き方と美の世界に迫る|写真7
この夜ごろ 昭和初期 また、平成最後の年となる2019年、竹久夢二は生誕135年・没後85年を迎える。平成では、竹久夢二をめぐる平成年間の動向も振り返り、その魅力を深く追求する。 【詳細】
竹久夢二という生き方-明治・大正・昭和を駆け抜けたロマンチスト-
会期:2019年4月4日(木)~6月30日(日)
場所:竹久夢二美術館
住所:東京都文京区弥生2-4-2
時間:10:00~17:00
TEL:03-5689-0462
休館日:月曜日 ※ただしGW期間を含む4月23日(火)~5月6日(祝月)は無休で開館
入館料:一般 900円、大・高生 800円、中・小生 400円
※弥生美術館と二館併せて入場可能
※20人以上は100円割引となる