(yoshiokubo)が2017-18年秋冬コレクションを(Giorgio Armani)支援のプログラムで、ミラノファッションウィーク最終日2017年1月17日(火)に発表した。 ファーストルックは、銀色の刺繍を施したジャケットに、八分丈のパンツ、足元はおそらくプーマとのコラボレーションであろうスニーカーが合わせられている。続いて登場したレザーやも同じく、柄のが埋め込まれていて、さらに状の糸が飛び出している。 象徴的なのは、中程に何度か登場した馬の描かれたルック。ウレタン加工による光沢と人工的なボリュームのあるブルゾン、クリーンなブラックシャツに落とし込まれている。シーズンテーマを明確に設けない久保が、ぼんやりとイメージしていた、ロデオ種目の一種「ベアバックライディング」がこのアイテムには顕著に表れている。ウエスタン風のペイズリー柄やフリンジ状のディテールが用いられているのも納得だ。 また、今回のコレクションで着崩しの概念を再考し、新たな見せ方に挑んだともいう。ジャケットが解体されてベストに変わる様や、バッグの代わりに斜めがけされていたが、久保の考える今までになかった 着崩し である。 終盤はカラーパレットが大きく変わる。などから、一気に鮮烈な赤一色の世界へ。などは変わらないが、やはりインパクトのある提案だ。ショー終了後、久保はどんな場所でも見せるものはかっこいいものでありたいと述べていたが、ミラノという新しい発表の地で、今日確かに大きな爪痕を残しただろう。